(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

「確率の原則」のpdfはありませんか?

  • なぞ
  • 2018/12/28 (Fri) 09:42:28
確率について調べていたらこちらのサイトにたどり着きました。
確率を理解する上で頻出する割り算について理解する必要があるんだと悩み続けて探していると
http://inupri.web.fc2.com/kakuritsu.html
こちらのページにて「当分徐」「包含除」について示唆されてましたのでとても嬉しくなりました。

しかしこのページでは数行さらっと書かれているだけだったのでこの項目について詳しく書いてくださる予定とかはありますでしょうか?

また、「確率の原則」のpdfのリンクが書かれていないのですが、こちらの内容はwebで公開されている予定ですか?

こういう根本的なことを書いているサイトは他に見当たらなかったのでぜひ読んでみたいです。よろしくお願いします。

アステロイドについてです

  • かべぬり
  • 2018/12/20 (Thu) 12:49:40
x=cos^5t y=sin^5t
の概形を求めています。

これって
x=cos^3t y=sin^3t
の時に得られるアステロイドと同じような概形になりますか?

おおよその形でいいです。

Re: アステロイドについてです

  • 管理人
  • 2018/12/22 (Sat) 16:41:40
書き込みありがとうございます。

ご質問の5乗の場合の曲線ですが、3乗の場合の曲線(アステロイド)とほぼ同じ形になります。もっと、凹み具合は大きいですが。

ところで「Grapes」というソフトをご存知でしょうか?様々なグラフを簡単に描けるとても使い勝手のよいソフトです。しかもフリーソフト。ネット検索すると簡単にヒットするので、ダウンロードして使ってみてください。もちろん、ご質問の曲線も簡単に描けますよ(私も「Grapes」を使って確認しました・・・)。

奈良県立医科大学 推薦入試について

  • たかみ
  • 2018/12/11 (Tue) 20:50:38
初めて書き込みさせて頂きます。
いつも先生の作られた犬プリを用いて数学の勉強をしています。今まで私は数学が得意とは言えなかったのですが、先生の提唱されている勉強法やプリントを使わせて頂いたところ、数学の面白さというものに気づくことができ、とても感謝しています。

さて、私は来年度の奈良県立医科大学の推薦入試を受験しようと考えています。そのため、推薦入試の過去問を解いてみたところ、2016年や2017年の問題はすんなりと解くことができたのですが、2018年の問題がとても手ごわく(特に最後の大問6)感じました。また、この年は解答がないため自分の解答が本当に合っているのか不安です。そこで、もしよろしければ先生の模範解答をホームページにアップしては頂けないでしょうか?突然の不躾なお願いで恐縮ですが、お手すきの際で結構ですので、お返事を頂けると幸いです。

高校を辞めたので数学IIIを履修できていない

  • まいこ
  • 2018/09/30 (Sun) 23:45:17
件名の通りです。
受験まであと4ヶ月もありませんが、数3の完成度がオリスタの基本問題が半分とけるレベルで独学の仕方もわかりません。是非独学の仕方を教えていただければと思います。

Re: 高校を辞めたので数学IIIを履修できていない

  • 管理人
  • 2018/10/01 (Mon) 09:11:01
書き込みありがとうございます。

数学Ⅲを独学で習得する方法ということですが、数学ⅠⅡABがきちんと理解できていれば、独学で習得するのは、大変ではありますが、不可能ではないと思われます。学校をお辞めになったのであれば、代わりに塾や予備校で授業を受けるのが最善ですが、どうしても独学でという思い(事情)があるのでしたら、オリスタなどの問題集ではなくチャート式などの参考書をコツコツと読み進めていくしかありません。「4ヶ月で」となれば、チャート式のレベル2かレベル3だけを一通り学習するだけで終わると思います。しかし、中にはどうでもよい問題もあるのも事実で、その辺の取捨選択(何が大事で、何が大事でないのかの見極め)は、やはり独学では無理がありますね。

数Ⅲに関しては、私のプリントでかなりの部分を網羅しているので、それを参照いただければ一通りの学習はできると思います。

最後に。何らかの事情で学校を辞めざるを得なかった、でも大学を目指したい、という気持ちは立派ですし、私も応援したいと思います。ただ、辞めた時期にもよりますが、数学Ⅲを履修(習得)できていないと受験できない大学もありますので、実際にどれだけ履修(習得)できているのか、受験に当たり、母校に確認されたほうが良いと思います。

頑張ってください。

無題

  • 和田アキ子
  • 2018/09/09 (Sun) 22:55:21
計算ミスを防ぐコツってありますか?
毎回模試で50点分ぐらい持ってかれるのでいい加減に治って欲しいです

13番、何とかできました!

  • 細川洋一
  • 2018/09/05 (Wed) 22:33:29
今晩は

連続投稿お許しください

13番、何とか解けました!

相加平均、相乗平均の関係を用いることで分数関数の最小値を求め(ネットを参考にしました)、きれいな数字にたどり着きました。正解かどうか不明ですが、いや、本当に勉強になりました。

歯ごたえのある問題、ありがとうございました^^

(単なる報告ですので、読み飛ばしてください)



投稿者削除

  • (削除)
  • 2018/09/03 (Mon) 22:46:58
(投稿者により削除されました)

4ステップ

  • ひさみつ
  • 2018/09/01 (Sat) 10:26:14
4ステップを解いて行くうちに疑問点が出たのですがそれは数Aの一章の2の場合の数の分野にあります、◽︎24(犬プリでの)です。
先生が書かれている式10x+50y+100z大なりイコール350のことなのですが、350という数字がどこから来たのかがわかりません。お手数おかけしますが、回答していただけたら幸いです。

Re: 4ステップ

  • 管理人
  • 2018/09/03 (Mon) 08:15:46
書き込みありがとうございます。

そうですね・・・問題文を読み間違えているようです。
問題文は「ちょうど350円になる組合せ」ですが「350円以上になる組合せ」と勘違いしているようです。すみません。
ですから、

10x+50y+100z=350

が正しい式です。大なりイコールではありませんね。

申し訳ございませんでした。

お団子

  • 達也
  • 2018/08/17 (Fri) 09:32:41
先日解いた問題に

「竹串に、白、緑、赤の3個のお団子を刺すとき、その配列の数を求めよ。」という問題で、3!/2 = 3通り とありました。

団子を刺した串の向きを変えたときも考慮するとのことでしたが、ここで、串を刺さなくでも、見る方向によって並んでいる向きは異なるのではないかという疑問がでました。

円順列では実際に回せない席順でも関係なくnで割りましたが、一列に並べる順列ではなぜ2で割らないのでしょうか。
「慣例的なもの」として解釈しないといけないのでしょうか。

夏セミナー高3整数問題(1)

  • 細川洋一
  • 2018/08/03 (Fri) 22:59:08
お暑うございます。お元気ですか?

夏セミナー(高3)、毎晩楽しく格闘しております!いい問題揃いだと思います

ネットに解答が出ている問題もあり、あれこれ見比べるのも楽しみ(勉強)になっております

さて、いきなりで恐縮ですが、(1)の神戸薬科大の問題ですが、もし差し支えなければ、答えだけでも教えた頂けないでしょうか?自分の解き方でたぶんいいと思うのですが、全部教えて頂くわけにはいかないだろうと思いまして。

先生のご了解が頂ければ、m=  と、私の答えだけ掲示させて頂きたいのですが、宜しいでしょうか?




Re: 夏セミナー高3整数問題(1)

  • 細川洋一
  • 2018/08/04 (Sat) 09:06:46
ご多用のところ早速ご回答頂き、誠にありがとうございます!

m=-1、-3になりました!お蔭さまであってました!

「解の公式で解を求めて、ルートの中が平方数になるようにする」やり方の方で解きました。解と係数の関係はこれから考えてみます。「5つの原則」も、もう一度見てみます

まだ5問しか解いていない(それもネットをちらちら見ながら)ですが、どの問題も、整数に関する一連の犬プリを応用すれば何とかなりそうな気がしてきました。

犬プリと同じ問題は復習になり、犬プリ整数の演習問題として
とてもやりがいがあります。素晴らしいプリントありがとうございます

まだまだ暑い日が続くようですが、どうかご自愛ください

Re: 夏セミナー高3整数問題(1)

  • 管理人
  • 2018/08/04 (Sat) 08:30:58
書き込みありがとうございます。

整数問題の講習は先日終了しましたが、生徒さんはけっこう苦しんでいたようでした。面白い分野なんですが、やっぱりある程度やり込んでいないと難しいようです。


1番と2番、3番と4番、5番と6番・・・が同じような問題のペアになっているように並べたので、奇数番目を解説し、偶数番目は各自の勉強課題としました。どちらかといえば偶数番目の方が難しめなので、奇数番目取り組まれるのがよろしいかと思います。


1番の答えはm=-3,-1です。
この問題とほぼ同じ問題が、「整数問題の5つの原則」のプリントに載せてあるのでまたご覧ください。手法としては、解と係数の関係を利用するか、解の公式で解を求めて、ルートの中が平方数になるようにする、かのいずれかですね。


がんばってください。